「道はだれのもの?札幌21」会則

第1条(名称)
  この会は、「道はだれのもの?札幌21」と言います。

第2条(目的)
  この会は、歩行者、自転車、自動車の「安全を第一とする共存」を願い、交通環境を
 改善し、事故を減らす事を目指しています。「車優先」を問いなおし、自転車に焦点を合
 わせる事によって、誰もが安全に通行できる「法律と専用道路」を求めて行きます。

第3条(活動)
  この会は、前記の目的を達成するため、次の活動を行います。
@ 月1,2回の例会開催
A 生活道路の実態調査や地域社会への問題提起
B “道”に関わる関係機関への問い合わせや訪問により、情報を交換
C 講演会の開催や、実際に自転車を使ってのイベント等を企画
D 通信「道はだれのもの?札幌21」の発行を通じ、情報を発信

第4条(会員)
  この会の目的に賛同する方は、会費を納入する事で会員になることが出来ます。

第5条(組織・運営)
  代表者1名、事務局担当者若干名、会計担当者1名、会計監査1名を置き、例会参加
 者に諮りながら運営にあたります。

第6条(事務局)
  この会の事務局は、秋山眞澄宅(札幌市中央区宮の森2条11丁目6−13)に置きます。

第7条(財政)
@ この会の財政は、会費(賛助会費を含む)、寄付でまかないますが、必要に応じ交通環
 境関連の自主的市民活動に対する助成金等申請し、承認された場合は会計に加えます。
 A会費は、年額1人あたり1,500円とします。
 Bこの会の会計年度は、4月1日より翌年の3月31日までとします。

付則 この会則は、2001年3月17日から施行します。