「道はだれのもの?札幌21」の主な活動経過メモ(02.10)
 
‘96秋「道は誰のもの」実行委員会
‘97.10.「道はだれのもの?札幌21」2人〜
‘98.6〜環境保全協議会・審議会委員
  ・道路交通にかかわる担当部署訪問
  ・身近な生活道路の改修工事に寄せて
‘98.9.「日本の道・ドイツの道」講演会 
‘99札幌駅北口や通学路ウォッチング
  →交通規制標識への疑問
‘00北海道警察相談センターへ質問
  ・自転車利用者アンケート調査
・ さっぽろライフ・交通プロジェクト参加 
‘01.8.自転車走行調査→課題整理
・ 都心交通プロジェクト懇談会参加
・ さっぽろライフ「チャリ勉」に参画

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「さっぽろライフ」のプロジェクトの1つ
「自転車にスポットを」勉強会:通称「チャリ勉」


※さっぽろライフは、エネルギー消費都市と言われる積雪寒冷都市札幌で、ちょっとしたライフスタイルを 見直すことにより、地球環境を良くすると共に札幌の魅力を高める事が出来たらという思いの市民、大学研究者、学生、市職員の集まり。

会員構成


連携団体
「市民ネットワーク北海道」
「クルマ社会を問い直す会」
「交通教育研究会」
「全国鉄道利用者会議」
「交通安全協会」職員