【2002年度の活動経過】

4月 

  ・今年度の活動方針と今後の役割分担について検討

    • 都心交通ビジョン懇談会報告
    • 「道はだれのもの?札幌21」HPの活用URL:http://www.ne.jp/asahi/michiwa/sapporo21/
    • 実走報告:京都、大阪の自転車の道
    • 通信No7の発行と郵送作業(市役所の交通関連担当部局には手渡し)
    • 「環境保全活動展」に「自転車マップ」を中心に資料展示_4月21日迄(環境サポートセンター)

5月 

 ・ロードウォッチング:東区の斜め通りと美香保公園周辺の道路を自転車で調査→感想をHPにアップ

    • 都心交通V懇(ビジョン懇談会略称)及びその“検討会”への会としての対応検討
    • 地域交通づくり推進に向けてのアンケートに回答(交通エコロジー・モビリティー財団より依頼)

6月 

 ・第4次環境保全協議会に「道はだれのもの?」から委員を選出し決定

    • 「チャリ勉」で企画中の自転車と環境を考えるフォーラム&走行イベント(9月)参加呼びかけ
    • 地域交通づくり推進支援事業(交通エコ・モ財団との“協働”)に関するヒアリング調査に回答

7月 

・都心交通V懇(7月中2回出席)報告・環境保全協議会報告並びに実走報告(福井県)

8月 

・8/30付北海道新聞【金曜らしんばん】自転車特集で「大場マップ」と共に会の活動が紹介された

9月 

 ・実走報告:三重県_志摩_名古屋&千葉県

 ・自転車の通行区分について疑問点整理 ※車道の左側端と“車両通行帯最外側線”の位置関係は?

    • フォーラム「自転車から考える交通と環境」_自転車の利用をもっと進めるために_(9/16)参加
    • 「チャリ勉」企画の走行イベント「自転車快適空間in大通」(9/29)に参画
    • 都心交通V懇ワーキンググループ(_)に代表者出席(9月中4回)

   ・資料紹介:「わが国の自転車政策のあり方に関する調査報告書」(自転車活用推進研究会)

    「自転車のまちづくりについての全国自治体調査報告書」(環境自治体会議環境政策研究所)

10月

 ・「さっぽろライフ『チャリ勉=自転車にスポットを当てる勉強会』」について(組織と目的)

    • 大通走行イベント報告と感想→HPにアップ、
    • 都心交通V懇ならびにW.G.(ワーキンググループ)会議出席…「ニュースレター」配布
    • 都心交通対策実行委員会メンバーよりの活動紹介
    • 「クルマ社会を問い直す会」通信等紹介(北海道地域活動連絡係より)

11月

  ・交通教育研究会公開講座(11/9,かでる)に於いて「自転車から見える人と車の共存」(國松)と「通学路の安全を守るのはだれ?」(中村)を報告

    • 「ライフスタイル見直しフォーラム2002」分科会「環境に配慮した地域交通づくりを推進しよう」で、「_自転車が快適な街に_“協働を探る試み”」と題し発表(秋山)
      (会場:新宿パークタワー、主催:交通エコロジー・モビリティ財団&環境自治体会議)
    • 場合別による自転車の車道上の通行区分について再度学習(図示)
    • 今後の会のあり方(役割の分散及び例会の持ち方と運営会議等)について検討
    • 参考資料「シグナル」7月号の特集「自転車利用者、その安全指導のポイント」配布
    • 11/15日付北海道新聞生活情報紙「札歩路」に“車優先見直す道づくり”と題し紹介された

      ・札幌市環境基本計画(H.15年度の改定に向けての)に関するアンケート調査へ回答

12月

  ・会の運営の見直し(PART2)「旧小熊邸倶楽部(NPO法人)理事長:東田さんに聞く組織運営」

   ・自転車の走行区分に関して,警察に質問する予定の内容検討

   ・都心交通V懇(第4回)に代表者出席

    • 通信No8編集会議

 

  • 代表:〒064‐0944札幌市中央区円山西町4‐6‐14 國松悦子 Tel:644-2051 Fax:644‐6499
    • 通信担当:中村真由美(Tel&Fax:614‐8365 )
    • メールアドレス aby-naoki-anju@muh.biglobe.ne.jp
  • 平成十四年度会費(1,500円)を未納の方は、恐れ入りますが、

郵便振替 02770‐0‐35021加入者/道はだれのもの?札幌21 宛、振込みよろしくお願い致します。