12. 「道路交通法」を参考にした感想・意見の集計

A. 一般の人の集計


■道路交通法の知識がなかった=知識が必要。 10
 
※この10という数字はこの項目に言及した人の人数です。下の「・」印の意見はその中から代表的な意見、貴重な意見と思われるものを任意にピックアップしたものです。したがって必ずしも10という数字と下の意見の数は合いません。以下同じ。

・左右折などの合図義務にビックリ。
・法律を知る機会も学ぶ義務もなく罰せられても納得できない。
・通勤にも使っているが「自転車は歩道を走行する」が原則と思っていた。
・こんなにたくさんの決まりがあると知って、何だか車と同じような感覚で恐ろしくなりました。


■「道交法」の問題点。 6

・自動車も自転車も異常に増えている時代にあわない。
・もっと自転車の実情にあわせて!
・左右折などの合図義務は片手運転の危険の方が大きい。
・自転車走行が法の隙間に位置している感じ。
・何か事故があった時に、自転車の責任を追及するためには、このような文言が必要なのではないか。実際には、警察は、自転車が事故を起こさない限り、そんなに細かいところまで言ってこないので(せいぜい二人乗りか無灯火を注意するくらい)この内容は、一般の人は、あまりわからないのではないか。子供にとっては理解しにくいのでは…。

良心、マナー、注意力の問題だ。良心、マナーに問題。 10

・エチケット集を出してマナーに訴えるとよい。2
・二人乗り、立乗り、無灯火はあぶない。
・歩道を走るおじさん、おばさんのマナーが悪い。人ごみのなかを無理に走っている。
・若い人や学生のスピード運転は危険。
・放置自転車が多い。
・歩道でベルを鳴らして走る人、怒鳴りながら走る人がいる。

自転車道の問題点。 16

・道が決まっていないことがこまる。てきとうに走るしかない。
・自転車専用道路をほしい。歩道は狭く、車道は怖い。5
・もっと自転車に配慮した整備を。
・降雪期の問題がある。3
・商店街の活性化に自動車だけでない自転車、歩行者を迎かえ入れる整備を。
・通行可マークのある道を増やして欲しい。
・サイクリング用だけでない普段用を。
・地図、標識、看板があれがうれしい。
・水源地通りは大型トラックの交通量が多く、車道を走るのが危険であるため、やむを得ず「自転車通行可」の標識のない歩道を走ることが多い。
・(国道、山の手道、北一条などの)大きい道路にはわりと広い歩道がある。そのせいか車道の自転車道はひどい狭さです。ですが歩道が広いのでそこを走らずにはいられない。2
・人も通れないほど狭い歩道のある道路とは何が主体の道? 人? 車? 自転車?

車道上の問題、ドライバーの問題。 14

・車道は走らない(車のじゃまになる、不法駐車・路上駐車を避けるため道の中央に出て危ない)。3
・自動車ドライバーに理解がない(自動車学校で自転車体験を)。
・車道左側にあるグレーティングの蓋、マンホールの蓋がじゃま。つい歩道に、車道右側に出る。2
・段差が気になる。
・自動車の人は自転車は歩道を走るものと思っている。
・自動車の人は交差点を横断する自転車を見ていない。
・車道に路側帯がない。2
・路側帯がせまい、さまざまに利用されている、逆走する自転車がある。
・自動車が一時停止線をオーバーして止まることが多く、危険だ。
・(水源地通りは)ディーゼル車からの排気ガスが大量に発生しているため、きわめて不快な走行を強いられる。
・自転車道がしっかりあっても、現在の車のスピードでは、怖いので、どうしても歩道に入ってしまう。

歩道上の問題。 11

・歩道を走っているが、横一列の人、駐車、駐輪は迷惑。3
・歩道上の通行可標識設置の原則があるのか? 連続性がない、現在のはほとんど無意味。2
・歩道通行可の標識を見たことがない。2
・歩道の整備を(自転車、車椅子、老人、などのために)
・自転車は、通行可・不可ともに歩行者よりも優先感覚で通行しているのが多い。
・自転車通行可歩道の段差が気になる。
・車道と歩道の段差の激しいところがある。
・車の交通量が多かったりスピードを出している車の多い道路の歩道は広くしてほしい。(例、羊ヶ丘通りのドームのあたり)
・歩道に駐車している車が多い(水源地通りなど)。特に交番のすぐそばの違法駐車が見過ごされているのは放任できない。

交差点、横断歩道の問題。 7

・交差点で歩道と一緒になるところが多い。混んでいて危ない。
・横断歩道を押してわたるのはヘン(同じ車両でも自動車はわたっている)。
・自動車の人は交差点を横断する自転車を見ていない。
・一時停止の標識がない交差点では一時停止しない自転車が多い。
・自転車横断帯の場所でも歩道との段差があり気になる。
・水源地通りは、生活道路と幹線道路の両特性をもっている。そのためか西岡3条10丁目から3条7丁目の1.2kmの区間に時差式信号が3ヵ所、ボタン式信号が3ヵ所(計6ヵ所)設置されている。ところが急いでいるドライバーが(特に夜間)明らかに赤信号と思われる場合でも無視して、猛スピードで通過するケースが時々見うけられる。西岡中央病院前の時差式信号は特に問題である。脇道からの進入車がない場合も幹線通りの交通がストップさせられドライバーのいらいらを募らせている感じがする。この信号を時差式から、脇道からの進入車があった場合のみ切りかわる形式に変えることで、ドライバーのいらいら度を下げ、願わくば、信号無視車の減少を導き出すことにつながることを期待する。
・要注意の交差点─札大から水源地通りを支笏湖方面に向かい西岡郵便局の角を東に左折、上り坂が二股になる箇所─ここは、丘の頂点にあり、東側に伸びている道は、急勾配であるため見通しが悪い。事故が起こりやすいと考えられる。自動車、自転車共に最徐行すべき地点であるが、地元住民以外はスピードを出して通行しがちである。

駐輪場の問題。 2
            
※「駐輪施設」についてはアンケート集計13.に詳しい。

・駐輪場が少ない。
・駐輪場が少ない、ただし税金の無駄づかいはやめて。

自転車の見直し。 3

・自転車の良さを見直して車優先から方向転換を。
・ずっと我慢させられてきた自転車に安全に走れる市民権をください。
・自動車、歩行者から迷惑な乗り物との見方をされている。

反射シール。 1

・早朝の自動車はスピードで危ない。「反射シール」を学校などでも配ってほしい。

お金は使わないで欲しい。 2

・(歩道、車道の段差が激しい。)今後は段差を小さく。お金は使わないというより意味のない工事とか公共事業の無駄が多い。
・駐輪場が少ない、ただし税金の無駄づかいはやめて。

自動車の改良、自転車の改良。0 ※人数「0」の項目は「B.高校生」の集計にある項目。

スピード。 2

・自転車、車、何をそんなに急ぐのでしょう。2

盗難。 0                    

サイクリングロード。 0

駅へ行く。 0

大通、札幌中心部。 0

その他。1

・先日旅行したカナダのエドモントン市のサイクルマップを同封します。参考にしてください。