設問:各スタート地点からゴールまで自転車で走ってみての感想や意見、行政に届けた   い要望や改善案など、できるだけ具体的に書いてください。

アンケート回答(1) ※A、Bからスタートした方からの回答


(A−1)
初めて大通りまで自転車で走りました。家のかいわいを走りまわっていますが、とに
かく自転車で安全に走れる場所はわがやの近くでは、「琴似発寒川ぞいのサイクリン
グロードだけ。きょうは山の手通りと平行して走っている中通りを宮の森山の手通り
と交差するところまで(ずっと車道を)走ってA地点まできた彼でした。                                       (7才男子:父記)
(A−2)
見逃していた標しき(自転車通行可)の説明を聞いてこんな物があるのかとおどろい
た。
                             (10代中学生・男子)
(A−3)
・歩行者と自転車をもっと分けた方がいい。たとえば右を歩行者、左を自転車など。
・「自転車走行可」の標識をもっと目立つようにしてほしい。
・ 自転車専用の横断歩道(自転車横断帯)をふやしてほしい。 (10代中学生・男子)

(A−4)
知事公館側―路上駐車多し。中央分離帯が邪魔
路側帯−植物園横・・通行量多く、路側帯狭い。
    北3西14から路側帯が無く、ここだけ自転車通行可のマークがあった。
   (北2西14方は無し→端のみにあるのはわかりにくい。必要以上に説明的なも
    のは要らない。交差点毎に良いデザインのマークを埋め込むとか…。)
    以降、自転車用横断帯有り。
西20丁目の学校前―街路樹の土の部分が少なく、根でアスファルトが持ち上がって
いる。→できれば歩道の拡幅を。
知事公館前―コンビニの駐車場が歩道奥ぎりぎり1台分しかスペースがない。→車が
はみ出してくる。大通西11丁目の物流関係の建物も同様。     (20代・男性)

(A−5)
1、 歩道から車道に移る時の段差が問題(北2西12の交差点など)
2、交差点の車道から歩道に上がる場所があまり良い場所ではないと車道に出てしまう。
3、歩道を狭くするフェンス(北5西20)…これは違法では?
           他にも建設中のマンション前も同様になっているとこが…。
4、歩道路面の立体的な模様→私は、そんなに気づかなかったが、子供を乗せた方が
すぐに気づいたので、意外な場所だが、注意すべきだと思う。
                                (20代・女性)
(A−6)
・ 「自転車通行可」の標識がわかりづらい(可か不可かわからない所あり)→対策:通行可の所の歩道に色をつける。標識の数をふやす。標識の位置が高すぎるので、もう少し低い所につける。通行可の所を増やす。
・ 通行可の歩道でも道幅がせまく危険なところ有り→(西10丁目と11丁目の間)
                →(北5条西21丁目付近の消防関係の会社駐車場)
・ 将来的には自転車専用道路を増やすべき。             (30代・男性)

(A−7)
歩道上は凸凹がありすぎて走りづらい。今回は休日で歩行者が少なく、多少走りやす
かったが、普段は障害物と人との狭間で走れないので、主に車道を走ります。自転車
通行区分を歩道、車道と区別しなければ、この先も事故は無くならないと思います。
(40代・男性)

(A−8)
北5条通り(の南側)の歩道は、巾が急に狭くなったり、バス停があったりなど自転
車には走りにくいです。車道側を走ろうとすると、今度は、排水溝のマス目の周囲が
すごく傾斜していて怖かったりします。信号を渡る時、歩行者用と自転車用と別々に
カーブが切れているところでは、歩行者用の方に段差がないのに、自転車用の方に段
差がある所(北3西11〜西10→植物園と大通小との交差点)があったりして、お
かしいと思いました。
 歩道を走っている時も歩道に傾斜がついていたり、植物園の横のようにブロックが
アート的に(?)というか、デザインのことしか考えていないような、すごいでこぼ
この歩道があり、車椅子でも本当に危ないと思います。それから自転車用のサイン
(通行可の標識)の位置がとても高いところにあり、驚きました。(毎日この辺を自
転車で走っているのですが、見た=気づいたことがありませんでした!)もっと低く
するか道路にじかに印刷するなどしてほしいと思いました。
 ミニ大通りは同じ側をずっと(自転車)走っている分には良いのですが、反対側に
渡っていこう等と思うとき、とても不便です。渡る時も段差や縁石(歩行者側の)な
ど色々な障害物があり、もう少しシンプルにしても良いのでは、と思いました。
※ 今日は、ふだん走っている道を改めて見直しながら走ることができて、とても有
意義でした。子供が小学生になったら、自転車で一人で出かけることもでてくるでしょう
が、「とても、こわいなぁー」と思いました。            (40代・女性)

(A−9)
自転車通行可の標識を意識して走ったのは初めて。標識の設置数が少ないし、まずわ
かりにくい。北5西20あたりの歩道が、広がった駐車場のため狭くなっていて、以
前から走りにくいと思っていた。信号の変わるのが歩行者(自転車)には早すぎる。
大通公園に駐輪スペースがない!市民の公園とは思えない。    (50代・男性)

(A−10)
いつも通勤に使っているコースとほぼ同じコースを走ったのですが、(スタート地点
までのコースは違います)いつも思っているのですが、とにかく、自転車では走りづ
らい道ばかりです。歩道は確かに「人優先」だとは思うけれど、車道はこれまた「車
優先」で、自転車では危険がいっぱいの毎日です。その意味では本日は日曜日、少し
は走りやすかったのですが、「自転車通行可」の標識をきちんと意識して走ったのは
今日初めてなのですが、とにかくわかりづらく色々と勉強になりました。子供が毎日
通学に使っているので、その意味でも自転車については気にかけています。    
                               (50代・男性)


(A−11)
1、(歩道)通行不可の道路では、路側帯は身の危険を感じてとても走れない。横を通
る車が進路変更しながら猛スピードで走りぬける。自転車にも巾があり、路側帯を走る
ということ自体に矛盾がある。
2、通行可の標識が高いところにあったり、小さかったり、数が少ないため判断できな
い。余程注意をして見ないと気づかない。歩道を色分けして区別するなどしなければ
迷って危険である。
3、歩道に停めてある車が大変邪魔。さらに段差が多く信号も多いのでスムーズに走れ
ない。
4、とにかく自転車専用道路と自転車用の信号設置を望む。
5、各通学区域の状況を校区ごとに点検することが大事だと思う。高校では自転車通
学が多いので特に。                       (50代・男性)

(A−12)
歩行者のための歩道を遠慮しながら走ったが、今更のように隣の車道が立派で平らで
広い空間だと改めて実感した。自動車より遥かにか弱い人や自転車が、凸凹、ガタガ
タ、傾斜や段差のある貧しい道を我慢させられているのは、どう考えてもおかしい。
狭い歩道では自転車は歩行者にとって迷惑な存在になるので肩身もせまい。車のス
ピード、騒音、排気ガスも耐える限界に来ている。車の道を1車線分減らして平らな
歩道と自転車専用道路に振り分けてください。(惨めな道と対照的に装飾過剰な道も
あり、管理者の違いが歴然として象徴的であると共に、税金の使い道が違うのでは、
とすら感じた。)                       (50代・女性)

(A−13)
・ 特別の知識が無くても解り易い標識、自転車道にして欲しい。
・ まず東西南北から各一本、中心部への専用道を作るべき。
 その一本が核となり、色々な問題点が解決され、延長されていくと思う。
・ タイヤの進歩によって冬期間も安全に走行できる様になりましたが、問題は道路
 が整備されていません。上記の一本は冬も通行できるように考えるべきです。 
                               (60代・男性)
(A−14)
歩道を走りましたが、デコボコ道で困ります。交差点も段差を少なくすることが必要
です。                            (70代・男性)

(B−1)
自転車専用の道が欲しい。車のように進行方向によって二分して欲しい。感想として
は、特に人の多いところを走行したため、人が壁のようでした。その壁を通り抜ける
かんじで歩道を走るのはとても大変でした。歩道の幅員について思うところは、やは
り、人数に対して全体的に歩道の幅員が狭く感じました。車道と歩道を分けるよう
に、車でも人でもない自転車も分別した方がいいのでは、と思います。本当に安心し
て歩ける、自転車で走れる道がほしいと思いました。       (20代・男性)

(B−2)
いつも街の中は歩道を走っていますが、今日は車道を走りましたが、駐車違反の車が
多く走りにくかった。自転車の歩道通行可の標識があるところ(今回2ヶ所)と、無
い所がマチマチで走りにくかった。もっと統一した方が良いと感じた。自転車は歩道
に入れた方が車も走りやすいし事故も防げる様に思う。      (30代・女性)

(B−3)
・法規通り走行しようとしても無理。通行空間が無い。(特に違法駐車、左折車、タ
 クシー)
・信号で停止時に待機するスペースが無い。
・ 車道走行した方が、歩道を走るより早く走行することが出きるのがわかったのは、発見!
・ 信号のサイクルが自転車のスピードを合わない。
・ 歩道走行可の区間が、これだけ走って、2区間しかなかった。しかも規則性が無い。
                                (30代・男性)
(B−4)
いただいたパンフには色々な標識や表示があったが、街の中には、(通行可の歩道)
2ヶ所しかなかった。もっと標識をつけたり、一般の人に自転車のマナーが理解される
ようなイベントを開いていく必要を感じた。(必ずしも行政がやるということではなく)
街の中は自転車が意外と多く、また便利であった。ただ今のままでは車や歩行者の邪
魔になってしまう。ルールとマナーを歩行者、車、自転車が理解しなければ! 
                                 (30代・男性)
(B−5)
北口から大通りまで歩道を走りましたが、車道を走っている方は、駐車の横を通りま
すので、私にはちょっとできないと思いました。自転車通行可の標識もはじめて知り
ました。
車から見た決まりにうんざりです。                 (60代・女性)

(B−6)
・ 都心の方が郊外より走りやすい。危険感が薄い。
・ 信号はどっち?
・ 駐車車両・左折車両に注意して走行した。
・ マラソン規制で都心がすいていて車道が走り易いと思ったが、これは一方で車道走行
 の車運転規則を知っているから、と思い至った。
・ 来年は春先に調査を実行するのが良いのでは?           (60代・男性)