2004.10.09 UP

福祉車両展示会

〜「車椅子付き自転車」に試乗〜

中村さんより福祉車両展示会の情報があった。「道はだれのもの?札幌21」運営委員の石本さんと中村さんが見学して、試乗の感想など、メールを寄せてくれた。


トヨタ
トフルデ2004
札幌

福祉車両・車椅子・福祉グッズ展

場所●トヨタハートフルプラザ札幌(西区二十四軒1条7)

日時●10月2日・3日

<石本さんからのメール>

トヨタへ行って車椅子付き自転車「デュエット」(ドイツ製)の試乗をして来ました。

若者2人が全国を廻った時のものを、今はデモ用にしているということです。

係りの女性が自転車をこいで、私が前の車椅子に乗って建物の内外(敷地内)を乗せてもらいましたが、スイスイという感じで結構乗り心地が良く、展示車や人の間をスムーズに行くのにはびっくりです。
次は夫が自転車をこぎ、私が車椅子に乗る。その逆もやってみましたが、私はスカートでも大丈夫で軽々とこげましたし、ハンドル操作もそれほど難しくなようです。

それぞれワンタッチで離して自転車は袋に仕舞い、車椅子だけ手で押すことも出来ます。どちらも重いのにこぐと普通の自転車より軽いのです。スピードは7段階のギアで、かなり出せます。

公道を走れますが、前後が長いので、ある程度の広さの道路が必要でしょう。車道は相当熟練しないと難しいのでは?と感じました。しかし説明通り行動半径は広がると思います。

価格は約38万〜45万円 自治体の補助が20万前後有り。

北海道では函館で1台使われているそうです。

車椅子掲載の車もいろいろ展示してあり、「いちごの会」の方たちなども訪れて、この「デュエット」に試乗していました。

<中村さんからのメール>

私も時間があまりなかったけど、行ってきました。

ドイツ人の男性社員の方が説明してくれて、私が「チャイルドトレーラーだと、法律にないもので日本では走れないんですよ。」と言ったら、「実はドイツも法律にない。警察にお願いしている。」そうで、驚きました。(車椅子付き自転車のことを言ったのか、チャイルドトレーラーのことを言ったのか、今考えると分からないのですが。)

日本の警察が車椅子付き自転車を乗らないでくれと、メーカーに言ったこともあるそうです。そのドイツ人の男性曰く、「警察はいつもダメという。断らないで乗ったほうがいい。」とこっそり教えてくれました。

そうそう、小野サイクルのような自転車店では車椅子を売ってないので、以前、水野さんに聞いたら、自転車店は車椅子を売るとき、自治体の補助金を受けにくいとのことでした。

私も乗ってみましたが、説明してくれたドイツ人の方が乗っている写真を添付しました。