(5)月寒中央駅=2番出口を出てセイコーマートと道銀の裏側に駐輪場がありました。Y字形の屋根とスタンドがある1列に50台くらい並びそうな棟が4つあります。国道36号線から1つ中に入った場所のせいか利用者のマナーがよいせいか置き去りになった自転車は数えるほどでした。
 もう1つ3番出口にあるJAビルの裏側にビルの1階部分に市営の駐輪場がありました。8台分のスタンドとあと30台くらい置けそうです。こういうビルの一部を使えるのはいいですね。どういう条件で使えるのかわかりませんが、他にもいくつかあるようです。(Monday, January 17, 2005)

(6)真駒内駅=駅前広場に厚手のシートで囲まれた大型の駐輪場があります。札幌オリンピックの頃からすでに存在してたかのように古めかしくスタンドも錆びています。今は自転車の出入りはないようで中はひっそりしていますが50台くらいが置き去りになっていました。これは本当の意味での放置した自転車なのか冬の間預けている駐輪自転車なのか区別がつきません。もし団地住まいで保管場所がない人が多いのなら(有料にすると手間がかかるので)思い切って冬の間だけ無料の預かり所として開放したら喜ばれるのではないでしょうか。現在も開放されているのも同然ですが「どうぞ利用してください」と言われた方が好感が持たれるのではないでしょうか。ところで、市の条例で駐輪場に置けばいくら長期間になっても『放置』とは呼ばないと定義づけていると私は解釈したのですが間違いでしょうか。どなたか教えてください。第2条の(7)の解釈です。(Tuesday, January 18, 2005)

(7)琴似駅=ダイエーの裏側に大きな「札幌市駐輪場」があります。
現在、ちょっと数えるのが大変なくらいの自転車があります。屋上部分も駐輪場になっていてスロープがあり近道の階段もあるのですが、夏場でもほとんど利用者はいません。なぜなら、駅舎の横や地下鉄の出入り口に近い歩道に駐輪場があるからです。急ぐ人にとっては屋根より駅に近い方を選ぶのでしょう。

この4月から、琴似本通に面した歩道上の駐輪場が廃止になると西区土木部の名で表示板が出ています。その結果どう出るか、屋上部分も使われるのか私も一番利用する駅なので注目していきたいと思っています。

また5番出口の裏側に駐輪場がありますが、その一部に屋外では珍しい二段式ラックがあり27台の自転車が置けるようになっています。もちろん屋根つきです。(Wednesday, January 19, 2005)

(8)北34条駅=3番出口の北側に大きな駐輪場がありました。
1列に5〜60台は置けそうで5棟9列あります。スタンドも屋根もありますが通路の部分には屋根がないので屋根の下の自転車も雪に埋もれいました。台数は確認できませんが市内でも1,2を争うくらい多い方です。
冬期間預けている自転車と引き取る気持ちのない放置(放棄)自転車の割合がどのくらいなのか知りたいものですね。関心のある方は一度この無残な状態を見てください。(Thursday, January 20, 2005)

≫次につづく≫