06.7.29up

中央(白)線やめます
小樽の市道
 減速効果を狙う



○○○

小樽市は市道の一部で車道のセンターラインを消す改修を行った。ドライバーが対向車を気にして減速する効果があるという。2000年に名古屋市で採用され東京三鷹市では事故が1/3に減少するなど全国 に広がりつつあるという。
小樽市が改修したのは住宅街にあって抜け道に使われることの多い片道一車線の生活道路(幅員9m)約 500m。両側の歩道幅をそれぞれ30センチ広げて2mにし、レンガ色の太線で強調した。その分車道を60センチ狭くし、センターラインも消した。   
(06.7.4 北海道新聞記事より)

◆写真は大場邦夫氏撮影/生活道路の歩道幅は広がる