07.3.31 up

アンケート調査結果がまとまる。

 昨年の春から「道はだれのもの?札幌21」がすすめてきた自転車教育に関する調査は、この度、集計結果が写真のように冊子として印刷されました。

「道はだれのもの?札幌21」
〜自転車教育に関する調査〜

 この調査は「自転車は どこを走ればいいのか?」「走行ルールの教育はどのように行われているのか?」など小学生、中学生、おとなの自転車に関する走行ルールの認識に迫ったものであります。

■冊子表題: アンケートに見る「走行ルールの認識」
      
自転車は どこを走ればいいの?

■冊子外観:  B5版、53頁

■冊子のPDFファイル: ここにある(クリック

■申し込み: ご希望の方は事務局または左記欄メールまで

 くわしい分析と評価は、これからの作業になるが、札幌市と近隣の小中学生372人、おとな413人の貴重なアンケート回答が収 録されている。この調査によって、当会の活動が一段とステップアップ される事が期待される。追って、調査の詳しい解説、会内外の議論・反応などもホームページの方に収録していきたい。

◆この調査は(財)秋山記念生命科学振興財団の社会貢献活動助成を受けて行われました。