07.7.25 up

<無題転載> 

<フランス>

パリで貸自転車作戦…

渋滞解消や大気汚染対策


7月15日19時7分配信 毎日新聞

 パリ市は15日、大規模な貸自転車事業を始めた。フランス語の自転 車「ベロー」と自由「リベルテ」を合わせ、名付けて「ベリブ」作戦。 車の増加による渋滞を解消し、大気汚染も減らそうという環境対策の一 環で、世界の主要都市で初の大規模な展開となる。


 市内750カ所の駐輪場に置かれた計1万600台の自転車が、専用 カードで触れると自由に乗れる仕組み。どの駐輪場に戻しても構わな い。カードは1日用(1ユーロ=166円)▽1週間用(5ユーロ=8 30円)▽1年間用(29ユーロ=4814円)の3種類がある。


 利用料は30分まではカード代だけで済み、次の30分が1ユーロ、 次の30分が2ユーロと順次高くなるが、30分ごとに駐輪場に戻して 乗り継げばカード代以外はかからない。


 カードは駐輪場の傍らに設置された販売機や市内各地の売店で購入で きる。今年末までに、駐輪場を1451カ所、台数を2万600台に拡 大する。市当局は「観光客はもちろん、少し運動したいと思っている一 般市民や学生にぜひ利用してほしい」としている。【パリ福井聡】