07.9.25 up

<無題転載> 北海道新聞より '07.8.12

ここをクリックすると紙面が拡大されます。


 新聞の記事に限らずにここにきて自転車専用道の意識が広がっているよ うに思われる。

 専用道は当初から「道はだれのもの?札幌21」の会の 目標の一つでありつづけている、札幌市でも、前に「自転車レーン」の 社会実験を行った経緯もある。
 しかし、ここにきてもっと深刻に、もっ と幅広く、もっと複雑に具体的に、もっと市民意識として自転車専用道 が話題に取り上げられてきているように思われる。ある市民の人は個人 で市議会に要望書を出したと聞く、ある人からは「自転車レーン」「自 転車専用道路」「自転車道」「自転車歩行者道」「自転車通行可の歩 道」「自転車走行帯」「サイクリングロード」「自転車優先道」などの 言葉上の定義を求められている。われわれのアンケートにも自転車専用 道については強い調子の意見が多かったし、政府関係の文書にも最近数 多く散見されるようになった。