2003.9.1 UP

  都心の交通に関する連続ミニフォーラム(札幌市後援)




 自転車に比べ、健康にも地球環境にも良いと注目されてきている自転車ですが、札幌の走行環境は実際どうなっているのでしょうか。とくに子供やお年寄りは一目でわかる走行帯が確保されなければ安心して走れません。私たち「道はだれのもの?札幌21」は車優先を見直す活動を通じて、市民と専門家の話し合いの場の必要性を強く感じてまいりました。そこで、今回、自転車の道を利用する側、管理する側の視点を交えて、皆で考え、具体的に見てみようと提案させていただきました。
 また、これからの交通安全教育のあり方も含め、これまでの車優先を見直し、歩行者、自転車が安心できる環境を求めて話し合いたいと思います。
 難しい問題が重なっているテーマですが、だからこそ市民と一緒に解いていく形を作れるように、今後も継続されることを願ってこの会を開催したいと思います。どうか皆様の応援よろしくお願いいたします。

§

日 時 / 9月20日(土)13:30〜15:30(開場13:00)

会 場 /札幌テレビ塔会議室(先着140名/申込不要/参加料無料)

<プログラム>

13:30〜 今日のテーマと進め方

13:35〜 市長メッセージ「私と自転車」 ◇上田 文雄さん(札幌市長)

13:50〜 他都市の走行帯について ◇大場 邦夫さん
  (「道はだれのもの?札幌21」会員・アカシヤサイクリングクラブ)

14:20〜 車座で語ろう! ◇杉山 幹夫さん(チャリ勉代表)

            ◇東郷 典彰さん(自転車ツーキニスト)

          ◇柳本 千秋さん(札幌市建設局自転車対策担当係長)

         ◇國松 悦子(「道はだれのもの?札幌21」代表)ほか

15:20〜 今日の振り返り


お問い合わせ

〒064-0944 札幌市中央区円山西町4丁目6-14
TEL/FAX011-644-2051(國松悦子)
E-mail:ets@cat.email.ne.jp


会員のみなさんに!

今回のミニフォーラムの会場は定員140名と大きな部屋です。
皆様の知人の方にも多数参加して頂きたいと思います。
まとまった枚数のチラシ配布をお願いできる方は中村までご連絡下さい。
電話・Fax 011-614-8365、メールアドレスaby-naoki-anju@muh.biglobe.ne.jp